種々雑食

好きなコトだけ。

LxPupで古いLet'sNoteの再利用

f:id:shuzatsu:20141009130311p:plain

日本から持ってきていたLet'sNoteのCF-W7というモデル。Core2Duoの1.2GHZという何世代か前のモデルだ。しかし、個人的にこの頃のLet'sNoteのフォルムや頑丈さはとても気に入っていて、ずっと使いつづけている。OSはWindowsではなく、LinuxのBodhiかWattOSというディストリビューションをいれていることが多かった。どちらも軽量なディストリビューションでサクサクと動いてくれる。

メモリは公式にアナウンスされているのは2Gまでだが一つだけあいているスロットに2Gをいれてやることで3G認識する。HDDは128GのSSDに換装してある。こちらに来てから新しいマシンを購入したこともあり、このマシンでは何をするわけでもなかったのでCentOSを入れて、外付けのデータ用HDD(色んな映像ファイルや音楽ファイルが入ってる)をつないでファイルサーバにしたり、音楽サーバにしたりしていた。

先日、仕事の内容がちょっと変わって頻繁に客先に出ることになり、さらにその際にPCが必要となった。会社で使っているPCはAcerのノートだが結構でかいし重い。ちなみに、こちらには現在KonaLinuxが入れてある。新しい軽いのを買うかなぁ、と思ったときにふとこのLet'sNoteを思い出した。SSDにしてあることで更に軽くなっているし、持ち歩くにはそこそこ便利だろう。Macは元々好きじゃないので購入の選択肢にも上らず。

実際、仕事で何をするかといえばプレゼン的に資料を見せたり、議事録取ったり、ちょっとしたサーバ仕事したりなので、それほどのパワーはいらない。とはいえ、ファイルサーバ用途で使っていたCentOSでは使いにくいので、他のディストリビューションを入れてみようかと探しているときにLxPupを見つけた。軽いので有名なPuppy LinuxのデスクトップをLXDEに変えたものだ。

インストールなどの詳細は省くが、まぁむちゃくちゃ軽い。笑っちゃうねぇ。wifiの認識もまったく問題ないし。何をやっても、このロートルマシンで動かしているとは思えないぐらいさっくさくだ。メインマシンも変えちゃおうかと思っちゃうぐらいに軽いね。

とりあえず、Firefox、LibreOffice、GIMP、Vim、LxTerminalあたりを入れて仕事は問題なくできるようになった。フォントも、最近はフリーのいい日本語フォントが増えているのでありがたい。今愛用しているのは、Rounded M+の後継っぽいRounded Mugen+ってやつだ。視認性もいいのでお気に入り。ターミナル用はRictyかRicty Diminishedで。これも好きなフォント。

一円もかからずに仕事用の「そこそこ」軽いPCができた。ありがたい。