種々雑食

好きなコトだけ。

『天津丼』の由来は?

 ボクは卵が好きだし甘酸っぱい味も好きなので中華料理屋などに行くと天津丼を食べることが多いんだけど、そもそも何で天津丼(天津飯)って言うんだろうか。場所によっては『かに玉丼』なんていう呼び方もするね。安めな店だとかには入ってないバージョンが多い気がする。

f:id:shuzatsu:20141117144753p:plain

 wikiによれば

昭和の物資不足の時代に、中国天津産の良質米である「小站米」(シャオチャンミー xiǎozhànmǐ)をわざわざ使った、蟹肉入り卵焼き乗せ丼という意味で、「天津芙蓉蟹肉飯」という料理名であった。その長い名称が「天津飯」と短く呼ばれたものとされる。小站米は現在の天津市津南区小站鎮でつくられているため、中国では「小站稻米」(シャオチャンダオミー Xiǎozhàn dàomǐ)とも呼ばれている。日本から持ち込まれて栽培された短粒種で、小粒で、ぱさつかず、粘りがある[要出典]。この説では店や味付けは特定されていない。

天津飯 - Wikipedia

 との事で料理名というよりはお米の品種の名前から来ているものだったらしい。これは意外だったなぁ。元祖は諸説あるみたい。

来々軒説

1910年年に浅草で創業した大衆的な中国料理店「来々軒」が発祥であるという説。三代目の主人が、戦後に東京駅八重洲口に来々軒を出店した際に、銀座の萬寿苑からコックに来てもらった。ある時、そのコックは何か早く食べるものを作ってと客に言われて、特別に「蟹玉」(芙蓉蟹肉)を丼ご飯にのせ、酢豚の餡を応用した甘酸っぱい醤油味の餡をかけたものを作り、「天津芙蓉蟹肉飯」と称した。この説は、来々軒に1958年に入った元従業員から聴取をして記されている。

大正軒説

大正時代に大阪城近くの馬場町に開業した大正軒の山東省出身の亭主が、戦後の食料不足の際に売り物がなく、天津の食習慣である「蓋飯」(皿盛りの飯におかずを乗せたもの)を発想のもととし、天津で多く捕れたワタリガニの蟹玉で作って、上からとろりとした餡をかけた「芙蓉蟹蓋飯」を作った。しかし、蟹肉は高かったので採算に合わず、後に大阪湾のサルエビ(トビアラ)に代えて、「天津飯」とした。なお、当時は卵も入手難で、天津から輸出されてきた小さなサイズの鶏卵を使った。この説は、大阪の調理師からの又聞きとして伝えられている。

 

 そういえば実家の近くの中華料理屋では「芙蓉蟹飯」って言ってたな。お腹すいてきた…。